トピック

2016年6月6日 | ものづくり・商業・サービス革新事業制度 採択

藤川金属工業(株)は、大阪府中央企業団体中央会のものづくり助成金(商業・サービ革新事業)に採択されました。

この制度は、経済産業省が定めた特定ものづくり基盤技術を活用して近畿ブロックの産業競争力強化をめざす制度で、藤川金属工業(株)は 「車載用超音波センサーケースのハイブリッドインパクト加工の構築」 として採用されました。

《採択結果一覧》
http://www.chuokai.or.jp/josei/27mh/pdf/


2016年4月27日 | 経済産業省 近畿経済産業局 局長 関様ご来社

藤川金属工業(株)に、経済産業省 近畿経済産業局局長 関様がご来社。
近畿経済産業局依頼のもと、新たな事業展開、設備投資、業況や見通し、施策要望などの意見交換を行いました。工場ご見学においては、インパクト成形をご覧頂き、関局長からはお礼状を賜りました。藤川金属工業(株)は今後も近畿地域の経済発展に尽力して参ります。

2016年3月22日 | 大阪スマートエネルギーパートナーズ「ビジネス交流会」

藤川金属工業鰍ヘ、大阪府商工労働部主催の大阪スマートエネルギー 企業間連携による取引き活性化、新事業創出、競争力強化を主な目的としたビジネス交流会に参加致しました。

2016年2月5日 | 新エネルギー分野技術シーズ・ビジネスマッチング会

藤川金属工業(株)は、分野技術シーズ・ビジネスマッチング会」に出展い大阪府商工労働部主催「第1回大阪府新エネルギーたしました。

大阪府が新エネルギー分野への新規参入のチャレンジを支援している元気な府内ものづくり中小企業9社が、選りすぐりの技術シーズや製品をそれぞれ展示紹介・プレゼンテーションを行いました。

2016年2月3日 | 金型新聞 【成形をゆく】取材

藤川金属工業(株)は、日本産機新聞社発行の金型新聞(2016年2月10日号)にて、アルミインパクト加工が特集されました。
アルミインパクトプレス加工で表裏異なる成形加工を確立。車載用高精度品の量産に取組む様子を常務平岡が説明。「発想を変えるだけで、価値が生まれるものはある。今後も価格競争に勝てる、製品をつくり続けたい」

2016年1月25日 | 『Moov.press』取材

藤川金属工業(株)は、大阪のものづくり企業を情報発信する大阪府商工労働部発行の「Moov.press」の取材を受けました。
一回の工程で加工可能なインパクトプレス加工は、スピードもコストも圧倒的な優位性を持っています。「関西ものづくり新撰2015」にも選ばれ、中間仕切複合インパクト工法を用いた業界初のLED照明ケース(コイズミ照明様:cledycolpo)について、技術工法を中心に取材を受けました。
発行:2016年3月18日

2016年1月1日 | 平成28年度 スローガン・年度方針発表

平成28年度スローガン・年度方針を決定いたしました。
詳しくはこちら…

2015年11月25日 | 新設備 リベッター機稼働

新設備リベッター機稼働藤川金属工業鰍ヘ、生ごみ粉砕機のコアパーツである、破砕刃部品生産を12月より本格稼働。
生ごみをステンレス製粉砕刃でカット・粉砕を可能とした刃部チェーン完成品の各パーツ部品の生産及び組立する為、リベッター機を導入した。

2015年11月19日〜20日 | 株式会社明和eテック
大阪府商工労働部中小企業支援室ものづくり支援課紹介

内部展示会参加藤川金属工業(株)は、愛知県で開催された株式会社明和eテック主催「日本ものづくり産業展2015」に出展いたしました。

大阪府や福島県の企業・団体、サプライヤーなど合計84社が出展。自動車に関する新技術・新工法などを紹介致しました。

2015年11月10日 |  大阪市工業会連合会主催による優良社員表彰式受賞

内部展示会参加公益社団法人大阪市工業会連合会主催による平成27年度優良社員表彰式がヴィアーレ大阪で行われました。 藤川金属工業(株)からは、品質保証部 課長が表彰頂きました。

2015年11月4日〜27日 | 大阪ものづくり看板企業 企画展 in MOBIO

MOBIOクリエイション・コア東大阪で開催された『「大阪ものづくり看板企業」企画展 in MOBIO 2015』に藤川金属工業(株)は出展いたしました。
これは『大阪ものづくり優良企業2015』に選出された企業で、大阪のものづくり看板企業として、強みの高い技術やすぐれた製品を各企業が展示しています。

2015年10月7日〜9日 | 第18回関西機械要素技術展

内部展示会参加第18回関西機械要素技術展が平成27年10月7日〜9日で開催され、藤川金属工業鰍ヘ中小企業基盤整備機構様主催の「平成27年度モノ作り中小企業関西フォーラム」展示会に出展致しました。 これは、サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)・新連携の採用会社をまとめた展示ブースとなっており、成果発表についても掲載された。藤川金属工業鰍ヘ、多数の関係者の皆様にインパクトプレス加工法の可能性を紹介致しました。

2015年8月4日 | 科学技術新興機構 マッチングプランナーの参加

科学技術新興機構藤川金属工業鰍ヘ、現在研究開発の特殊インパクトプレス工法の事業化に向け国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)のマッチングプランナープログラムに参加する。
「産学連携」の推進は、日本のイノベーションを進める為に、欠かせない。
日本のイノベーションを進める為に、欠かせない。
JSTは、新技術を求める意欲ある企業と、すぐれた研究成果を持つ大学等との架け橋となり、日本を元気にする新しい産業の創出と育成を支援する国家機関。
藤川金属工業鰍ヘ、「産学連携」の更なる強化を計り、開発を加速させます。

2015年3月5日〜6日 | 
トヨタ自動車株式会社様向け『大阪府・新技術・新工法展示商談会』

内部展示会参加藤川金属工業株式会社は、公益社団法人大阪府工業協会主催による創立65周年記念事業の一環として開催された、トヨタ自動車(株)様での展示商談会に大阪府下の50社として選抜されました。

自動車に関する新技術・新工法の具体的提案をパネル展示し、コンセプト「原価低減」「軽量化」「生産性向上」「品質向上」「安全/環境対策」について出展しました。

トヨタ自動車株式会社及び関連企業、サプライヤーの開発・設計、生産管理、購買部門など約2,000名様が来社され盛大に行われました。

2015年1月28日〜 | 
関西ものづくり新撰2015選定企業による展示及び特設サイト

内部展示会参加近畿経済産業局では「関西ものづくり新撰2015」選定製品・技術を広くPRする為、展示場・特設サイトを開設し、藤川金属工業株式会社も選定企業の一社として参加致しました。

(1)大阪企業家ミュージアム展示
 期間:平成27年1月28日〜7月31日
www.kigyoka.jp

内部展示会参加(2)MOBIOクリエイション・コア東大阪展示
 期間:平成27年1月28日〜2月25日


(3)製造技術データベースサイト
 「イプロス」開設

◯期間
平成27年1月26日〜平成28年1月29日
www.ipros.jp/feature/association/101452

 

2015年1月28日 | 「関西ものづくり新撰2015」 選定

内部展示会参加藤川金属工業株式会社は、経済産業省 近畿経済産業局主催の「関西ものづくり新撰2015」に選定されました。

これは、近畿2府5県の中から29社が選抜され、技術力の高さはもちろん、新規性・独創性にすぐれ、市場でのイノベーション創出、現場やユーザーを重視した絶え間ない創意工夫を感じられる製品・技術が認められた企業に送られます。
藤川金属工業株式会社は、2015年1月28日 近畿経済産業局 関局長様より表彰を受けました。

選定証交付式では帝国ホテル大阪 八重の間で盛大に行われました。

内部展示会参加

2015年1月1日 | 平成27年度 スローガン・年度方針発表

平成27年度スローガン・年度方針を決定いたしました。 詳しくはこちら…

2014年11月13日 | 平成25年度 第49回大阪市市民表彰 受賞

内部展示会参加藤川金属工業梶@会長 藤川健一郎が大阪市市民表彰を受賞致しました。市民表彰は、公益の増進、産業の振興、学術、文化の向上発展などに貢献し、顕著な功績のあった方、又は市民の模範となるすぐれた善行のあった方を広く市民に顕彰することを目的に実施されています。
大阪市のサイトはこちら

2014年11月11日 |  大阪市工業会連合会主催による優良社員表彰式受賞

内部展示会参加公益社団法人大阪市工業会連合会主催による平成26年度優良社員表彰式がヴィアーレ大阪で行われました。 藤川金属工業鰍ゥらは、製造部 班長が表彰頂きました。

2014年10月16日 | 
アイシン・エイ・ダブリュ株式会社様 新規仕入先展示会開催

新技術・新工法のある新規仕入れ先34社による商品力アップや・原価低減のための展示会として参加させて頂きました。
藤川金属工業鰍ヘ、インパクトプレス加工法を中心に実例サンプルの展示と新プレス工法の可能性について御説明致しました。 アンケートによる注目度は高評価でした。

2014年9月24日〜26日 | 第17回関西機械要素技術展

第17回関西機械要素技術展が平成26年9月24日〜26日で開催され、藤川金属工業鰍ヘ中小企業基盤整備機構様主催の「平成26年度モノ作り中小企業関西フォーラム」展示会に出展致しました。
これは、サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)・新連携採用会社の成果発表・展示を含むものであり、多数の関係者の皆様にインパクトプレス加工法の可能性を紹介致しました。

2014年8月末 | 平成26年度 新エネルギー産業参入促進講座 参加

市場拡大が期待される中小企業等の方々に新エネルギー分野のビジネスプランを策定するビジネスプランワークショップに大阪府 商工労働部様ご推薦により参加致しました。
「大阪スマートエネルギーパートナーズ」に藤川金属工業鰍フ技術提案を御紹介申しあげ、企業マッチングを促進致します。

2014年7月10日 |  阪南大学様ご見学会

内部展示会参加阪南大学経済学部学生の皆様による藤川金属工業鰍フ会社工場見学が行われました。
関西の有力なものづくり企業を訪問し、海外企業との競合状況、海外への進出状況、関西の営業環境などをテーマにインタビューを受けました。

内部展示会参加様々な業界で現在採用されているインパクトプレス製品とあわせて、新たな発想での企画開発についてご説明を実施致しました。

2014年5月1日 | タイガー魔法瓶株式会社様 社内冊子に掲載されました

タイガー魔法瓶株式会社様発刊の社内冊子「ふれあい」で、主要取引先10社のなかの1社として藤川金属工業鰍ェ 紹介されました。

藤川金属工業鰍フコア技術であるインパクトプレス加工による部品と、ものづくりへのこだわりが掲載されています。

2014年4月28日 | ものづくり・商業・サービス革新事業制度 採択

藤川金属工業(株)は、大阪府中央企業団体中央会のものづくり助成金(商業・サービ革新事業)に採択されました。

この制度は、経済産業省が定めた特定ものづくり基盤技術を活用して近畿ブロックの産業競争力強化をめざす制度で、藤川金属工業(株)は、「アルミインパクトケース量産時の品質保持維持管理システムの構築」として採用されました。

《採択結果一覧》
http://www2.tri-osaka.jp/maido/Saitaku_H25_1_1.pdf

2014年3月1日 | 新規プレス設備導入

内部展示会参加藤川金属工業鰍ヘ、インパクト加工分野においてさらに幅広くカバーする為、デジタルサーボプレスFKK仕様機を導入。アルミコイニングインパクトプレスの量産化を進める。

2014年1月1日 | 平成26年度 スローガン・年度方針発表

平成26年度スローガン・年度方針を決定いたしました。
詳しくはこちら…

2013年11月18日 | 新規自動加工機設備導入

内部展示会参加藤川金属工業鰍ヘ、車載用部品の量産化に伴い、研究開発中のインデックス型自動機を完成させる。

1/1,000oの保証を満足させる為、分解能1/10,000o(0.1μ)の測定システムを組込み、
部品精度の信頼性を確保する。
また、自動化により24時間運転を可能とし、大幅なコスト削減を実現する。

2013年11月1日 | 新規プレス設備導入

内部展示会参加藤川金属工業鰍ヘ、車載用部品の量産化に伴い最新鋭デジタルサーボFKK仕様システムプレス機4台を導入。 藤川金属工業鰍フオリジナル仕様によるサーボシステムは切削代替の鍛造加工 を可能にし、大幅なコスト削減を実現する。 完全自動化による夜間稼働可能。

2013年7月3日 | コイズミ照明株式会社様 新製品総合展示会

コイズミ照明株式会社様にて、平成25年7月3日〜5日まで『新製品総合展示会』が行われ、藤川金属工業(株)の竹断形状インパクトがダウンライト(品番:AP 39391 L・AS 39259 L)に採用され展示いただきました。

2013年6月7日 | 縦型2重インパクトプレス(竹断面インパクト)成形に関する特許を出願

『インパクト成形用金型、インパクト成形装置、インパクト成形方法、この方法による製造される容器形状成形体』の特許出願を行いました。 特願2013-121337

2013年5月31日 | 
ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金 採択

藤川金属工業(株)は、省エネLEDライトの市場拡販に向け、アルミコイニングインパクトプレスの試作開発を進める。

2013年5月24日 | 先端設備等投資促進事業費補助金 採択

藤川金属工業(株)は、かねてから研究開発中のセンサーケースの、外装ケースインパクトプレス成形仕様開発の成功にともない『平成24年度円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業費補助金』の一部支援のもと、最新鋭サーボシステムプレス機の導入を決定。完全自動化による夜間稼働を計画、さらなる国際コスト競争に対応する。

2013年5月13日 | ワールドビジネスサテライトテレビ放映

WBS
「ワールドビジネスサテライト」内”技あり日本の底力”のコーナーにて藤川金属工業(株)のインパクトプレス成形技術が5月13日テレビ放映されました。

2013年4月26日 | テレビ東京様にWBSの取材をいただきました

WBS
藤川金属工業(株)は、テレビ東京系をはじめ、BSジャパン、日経CNBで放送の「ワールドビジネスサテライト」の取材を受けました。藤川金属工業(株)の特徴技術の一つインパクトプレス成形にスポットをあてた取材となり、工場中心に技術のご説明と取扱いしている製品部品について、工法を含めた解説を行いました。

2013年2月19日 | 日刊工業新聞に掲載されました

日刊工業新聞日刊工業新聞2013年2月19日版のテラスコーナーで藤川金属工業(株)が紹介されました。

産官学連携とあわせて、ベンチャービジネス(VB)とも連携を深め新しいモノづくりに参画していく必要性について掲載されています。

2013年2月1日 | ものづくり企業データブックに掲載されました

日刊工業新聞大阪商工会議所発刊の「ものづくり企業データブック」に大阪の支えとなる基盤技術を持った企業の1つとされ藤川金属工業鰍ェ掲載されました。

2013年1月30日 | 日刊工業新聞に掲載されました

日刊工業新聞日刊工業新聞2013年1月30日版のモノづくり特集で藤川金属工業(株)が紹介されました。

『段違いに速い加工速度』
(1)金型から自動洗浄の装置まで、自社開発
(2) 多工程を1工程にし、加工時間を短縮
(3) サポイン認定の技術を水平展開して応用

車載用部品量産インパクト加工自動機の確立に伴ない、さらなるコストの削減に成功しました。

2013年1月10日 | 日刊工業新聞に掲載されました

内部展示会参加日刊工業新聞の2013年TOP年頭語録に藤川金属工業(株)が紹介されました。

藤川金属工業(株)の平成25年度スローガン「オンリーワン技術でさらなるステージへ」と平成25年度方針「お客様本意の独創性あるモノづくり」を語録として、アルミインパクトプレス技術のさらなる可能性を追求してまいります。

2013年1月1日 | 平成25年度 スローガン・年度方針発表

平成25年度スローガン・年度方針を決定いたしました。 詳しくはこちら…

2012年12月19日 |  阪南大学にて講座を開催

内部展示会参加一般財団法人大阪科学技術センター主催の阪南大学講座に藤川金属工業(株)も講師として招かれました。

「戦略的基盤技術高度化支援(サポイン)制度活用の実例」と題し、3年目を迎える藤川金属工業(株)のインパクトプレス工法におけるサポイン「インパクト成形によるアルミ合金製大型短形電池ケースの量産化技術開発」についての計画と内容説明とあわせて、国の支援制度による国内産業の活性化について講義してまいりました。

加工事例はこちら…

2012年11月29日 |  タイガー魔法瓶株式会社 QCフォーラム式 表彰

内部展示会参加タイガー魔法瓶株式会社QCフォーラムにて、藤川金属工業(株)は、長年の品質維持・工場の功績を認められ、品質優良会社表彰を受けました。

2012年11月20日 |  第1回大阪スマートエネルギーパートナーズ
「パートナー企業」向けプレゼンイベント

内部展示会参加大阪府商工労働部が主導する大阪スマートエネルギーパートナーズ参加企業に向けたイベントに参加しました。藤川金属工業(株)の展示ブースではインパクトプレス工法を中心に、藤川金属工業(株)の特徴技術と「こだわりのモノづくり」をアピールいたしました。

2012年11月13日 |  大阪市工業会連合会主催による優良社員表彰式受賞

内部展示会参加公益社団法人大阪市工業会連合会主催による平成24年度優良社員表彰式が大阪市中央公会堂で行われました。

藤川金属工業(株)からは副工場長を表彰頂きました。

2012年10月31日 | 
大阪府商工労働部、大阪スマートパートナーズ様ご見学会

内部展示会参加大阪府商工労働部、大阪スマートパートナーズの皆様が、インパクトプレス加工法の見学にご来社されました。

様々な業界で現在採用されているインパクトプレス製品とあわせて、新たな発想での企画開発のご検討をお願いいたしました。

 

 

2012年8月 | 車載用センサーケース量産化技術開発

内部展示会参加従来切削工法にて製作の車載用センサーケースを藤川金属工業(株)のインパクトプレスにて鍛造加工法に工法変更、量産化開始。

生産性の飛躍的向上により、コスト3分の1を実現。自動化により品質の安定性もクリアーしました。

2012年7月1日 | プレス技術2012年7月号に掲載されました

プレス技術2012年1月号に弊社が掲載されました日刊工業新聞社発行のプレス技術2012年7月号に藤川金属工業(株)が掲載されました。"公的支援を活用した試作開発「追跡編」"と題して、2010年採用の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)の2年目の内容について紹介されました。

詳しくはこちら....

2012年6月27日 | Panasonicアプライアンス社 展示会

プレス技術4月号特インタビュー掲載藤川金属工業(株)は、パナソニック(株)アプライアンス社、社内展示会を開催させて頂きました。

アプライアンス社が主力とする白物家電に幅広く採用頂くため、藤川金属工業(株)のインパクト加工法をはじめとする金属部品加工のご説明とご紹介、及び商談をいたしました。

2012年6月25日 | 立命館大学講義 「製品事業化システム論」

プレス技術4月号特インタビュー掲載立命館大学草津キャンパスにて、アントレプレナー講義「製品事業化システム論」に藤川金属工業(株)社長が講師として招かれました。

立命館大学の経済学部、経営学部、理工学部の学生のみなさまに「インパクトプレス製品事業の世界」と題して藤川金属工業(株)のコア技術であるインパクト加工法を中心としたモノづくりについてや、藤川金属工業(株)の事業化の歴史について講義いたしました。

加工事例はこちら...

2012年5月23日 | ISO14001:2004環境マネジネント更新

ISO14001:2004 環境マネジメントISO14001:2004環境マネジネント審査更新。
今年は関西でも計画停電が検討される中、機器設備に係る電力も見直しを掛け、例年以上に節電対策の活動を進めています。

2012年3月8日 | プレス技術4月号巻頭インタビュー掲載

プレス技術4月号特インタビュー掲載日刊工業新聞社発行のプレス技術2012年4月号で藤川金属工業(株)社長がインタビューを受けました。

諸アジアに勝てる競争力を確保することが必至の現状の中、藤川金属工業(株)のコア技術であるインパクト成形技術を中心に、技術革新への道筋と国内生産へのこだわりについて掲載されています。
プレス技術4月号 詳細

2012年3月6日〜5月31日 | 
大阪企業家ミュージアム「挑戦・創意工夫 今活躍する企業家たち」展示

MOBIOクリエイション・コア東大阪「製造技術展」出展経済産業省、近畿経済産業局が実施する『モノ作り元気企業100社』に選ばれた基盤技術を有する関西地域の企業の中から、大阪府下30社が産業創造館大阪企業家ミュージアムで開催される特別展示「挑戦・創意工夫 今活躍する企業家たち」にて紹介され、藤川金属工業(株)も展示されることになりました。

新分野、新技術に挑戦する元気な大阪が紹介されています。

大阪企業家ミュージアム公式サイト
http://www.kigyoka.jp/

2012年2月16日〜3月30日 | 
MOBIOクリエイション・コア東大阪「製造技術展」出展

匠大阪府ものづくり復興協会主催『MOBIOクリエイション・コア東大阪「製造技術展」』に藤川金属工業(株)は出展いたしました。
これは『大阪ものづくり優良企業2010』に選出された企業で、大阪のものづくり看板企業として、強みの高い技術やすぐれた製品を各企業が展示しています。
MOBIOクリエイション・コア東大阪「製造技術展」出展

2012年1月5日 | 
2011KANSAIモノ作り元気企業100社 基盤技術編選出

2011 KANSAIモノ作り元気企業100社 基盤技術編選出経済産業省 近畿経済産業局主催の『2011KANSAIモノ作り元気企業100社』に藤川金属工業(株)が選出されました。

関西地域の基盤技術を有する優れた企業で各機関のネットワークの中から推薦された高い技術力や伝統に根ざし、モノ作りへのこだわりをもって活躍している企業が掲載されています。
2011 KANSAIモノ作り元気企業100社 基盤技術編選出※関西地域とは大阪府・兵庫県・奈良県・京都府・和歌山県・福井県を示します。

2012年1月1日 | 平成24年度 スローガン・年度方針発表

平成24年度スローガン・年度方針を決定いたしました。 詳しくはこちら…

2012年1月1日 | プレス技術2012年1月号に弊社が掲載されました

プレス技術2012年1月号に弊社が掲載されました日刊工業新聞社発行のプレス技術2012年1月号で、『目指せ事業化!公的支援を活用した試作開発V』と題して、モノづくり復興をリードする独創的な技術・製品のもと2009年「ものづくり中小企業試作開発支援事業」と、2010年「戦略的基盤技術高度化支援事業」の藤川金属工業(株)採択内容が掲載されました。

2011年12月13日 | マーケット&テクノロジー研究会

マーケット&テクノロジー研究会財団法人大阪科学技術センターにて【マーケット&テクノロジー研究会】が開催されました。

「インパクト成形とサポインについて」と題して、当社2年目、経済産業省『戦略的基盤技術高度化支援事業』の研究開発についての取り組みを含めたインパクト成形技術について解説。各種業界、学識者、大学院生に講演させて頂きました。

2011年11月30日 | 優良法人表彰式

2011年11月30日優良法人として引き続き、税務署長様より表敬をうけました。
優良法人表彰式

2011年8月31日 | 日経産業新聞に掲載されました

日経産業新聞に掲載されました2011年8月31日発行の日経産業新聞の連載コラム「技あり中小-強さの秘密-」に掲載されました。「戦略的基盤技術高度化支援事業」において産官学連携で、低コスト電池容器開発の取り組みについての解説とあわせて、次世代インパクト工法でつくる精巧部品や藤川金属工業(株)の今後の方向性について取材をうけました。

2011年4月27日 | ISO14001:2004 環境マネジメント

ISO14001:2004 環境マネジメントISO14001:2004環境マネジメント定期審査更新。
今年は電力不足に対し昨年以上の消費電力削減に取組みが必要とされる中、藤川金属工業(株)でも積極的に節電対策を行い、環境・電力に配慮した活動を続けてまいります。
また2011年2月1日にISO9001品質マネイジメント更新済み。

2011年4月18日
経済産業省 '戦略的基盤技術高度化支援事業'(サポイン)2年目スタート

経済産業省 '戦略的基盤技術高度化支援事業'(サポイン)2年目スタートテーマ「インパクト成形によるアルミ合金製大型矩形電池ケースの量産化技術開発」に基づき、前年度は、材料成分開発、矩形インパクト成形金型開発、材料流動解析等を実施した。
今年度は、さらに各開発項目を進めて、最終的に量産化技術開発にめどをつけたい。
http://www.kansai.meti.go.jp/3-5sangyo/sapoin/saitaku22.htm

特定研究開発等計画認定番号 近畿1006087

2011年3月20日 | 平成22年度(社)日本機械工業連合会報告書掲載

平成22年度(社)日本機械工業連合会報告書掲載社会法人 日本機械工業連合会発行の「平成22年度 中小機械工業の活性化、技術開発促進に資する情報ネットワークの構築(VIII)−国内外の有力サプライヤー調査専門部会報告書−」に藤川金属工業(株)のインタビューが掲載されました。地域ごと100社から3社~5社がピックアップされ自社の製品、技術についてなどが掲載されています。

2011年3月3日 | 製造技術開発

製造技術開発インパクト加工用ハイスピード自動供給装置、量産試作一号機内製化。  
品質の安定化とコスト優位性をテーマに更なる改善を進めてまいります。

2011年1月1日 | 平成23年度 スローガン・年度方針発表

平成23年度スローガン・年度方針を決定いたしました。 詳しくはこちら…

2011年1月1日 | プレス技術2011年1月号に弊社が掲載されました

プレス技術2011年1月号に弊社が掲載されました日刊工業新聞社発行のプレス技術2011年1月号で、藤川金属工業(株)の2010年度採択の戦略的基盤技術高度化支援事業が掲載されました。これはものづくり中小企業試作開発等支援事業の掲載に引き続きのことで、 『目指せ事業化!公的支援を活用した技術開発』のテーマのもと、研究開発計画書『インパクト成形によるアルミ合金製大型矩形電池ケースの量産化技術開発』の開発実施内容の概略が掲載されています。

2010年12月1日 | 
新マシニングセンターDura Vertical5060搬入

新マシニングセンター(MORISEIKI Dura Vertical5060)搬入独自技術開発の金型製作新設備として、マシニングセンターを搬入いたしました。お客さまの多様なニーズに迅速に対応、フレキシブルな量産化にも貢献いたします。

2010年11月25日 | 新工場増設

新工場増設研究開発(R&D)を主目的として、新しい社屋を増設いたしました。新技術の創造と構築を目指し、独自技術開発と企画に取り組みます。

2010年10月20日 | 内部展示会参加

内部展示会参加トヨタ関連部品メーカーの内部展示会に特別参加。インパクト加工を中心に、藤川金属工業(株)の特徴技術をアピールいたしました。

2010年10月13日 | 『大阪ものづくり優良企業賞2010』に選出

大阪府知事橋下氏が委員長を務める、大阪中小企業顕彰事業実行委員会から『大阪ものづくり優良企業賞2010』に選出されました。『匠』の称号のもと、大阪のものづくり看板企業として大阪の強みである高い技術や優れた製品の集積を内外に発信するお手伝いをさせて頂きます。

2010年7月16日 | 特許取得

平成18年4月出願の「二重インパクト成形工法」が平成22年7月16日に特許登録されました。

特許第4551882号
インパクト成形用金型、この金型を用いたインパクト成形装置、このインパクト成形装置を用いて製造される容器形状部品及びインパクト成形方法」 詳しくはこちら...

2010年7月1日 | メディア掲載[日刊工業新聞]

藤川金属工業(株)は、日刊工業新聞社発行のプレス技術7月号特集2で「平成21年度ものづくり中小企業試作開発等支援事業に採択の試作開発代表事例」として掲載されました。

2010年6月18日 | 戦略的基盤技術高度化支援事業 採択

藤川金属工業株式会社は、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律第4条第1規定に基づく特定研究開発等計画の認定を受けました。
また、 同法による支援策の一つである『戦略的基盤技術高度化支援事業』の鍛造技術分野で、平成22年6月18日に採択を受けました。

提案研究開発計画名『インパクト成形によるアルミ合金製大型矩形電池ケース』

このテーマに基づき、同志社大学・日本圧延工業株式会社と共同研究し、アルミインパクト材料(スラグ)の合金鋳造から取り組み、インパクト成形工法研究いたします。

《採択結果一覧》
http://www.kansai.meti.go.jp/3-5sangyo/sapoin/saitaku22.htm

特定研究開発等計画認定番号 近畿1006087

2010年5月26〜28日 | 中小企業総合展2010 in Kansai

独立行政法人 中小企業基盤整備機構主催の『中小企業総合展2010inKansai』に出展。ご来場ありがとうございました。

2010年1月1日 | 平成22年度 スローガン・年度方針発表

平成22年度スローガン・年度方針を決定いたしました。 詳しくはこちら…

2009年11月25日 | 阪南大学 2009年度寄付講座を開催

(財)大阪科学技術センター主催の阪南大学講座に本年度も講師として招かれました。

藤川金属工業(株)のコア技術であるインパクト工法の解説とこれからの日本の金属加工の主流について講義してまいりました。

加工事例はこちら…

阪南大学講座内容詳細へ...

2009年10月30日 | ものづくり助成金制度 採択

藤川金属工業(株)は、全国中小企業中央会のものづくり助成金(試作開発等支援事業)に採択されました。

この制度は、経済産業省が定めた特定ものづくり基盤技術を活用して試作から販促開発に取り組む中小企業を支援する制度で、藤川金属工業(株)は、デジタル家電向け筐体(インパクトプレス加工活用における)の試作開発テーマで採択されました。

中小企業連携組織の情報サイトはこちら...

2009年10月7日〜9日 | 第12回 新エネルギー産業フェア大阪


インテックス大阪にて開催の"新エネルギー産業フェア"に出展いたしました。

大阪の元気!ものづくり企業の『匠』の旗印のもと、大阪府提供ブースに出展企業として選出されました。

藤川金属工業(株)の独自の金属加工工法の実例について展示いたしました。

展示会について詳しくはこちら...

2009年4月3日 | (株)堀場製作所、(株)堀場エステック様ご見学会

(株)堀場製作所、(株)堀場エステック様の開発、技術関係の皆様が、インパクトプレス加工法の見学にご来社されました。

様々な業界で現在採用されているインパクトプレス製品とあわせて、新たな発想での企画開発のご検討をお願いいたしました。

2009年4月1日 | プレス技術4月臨時増刊号に弊社が掲載されました

日刊工業新聞社発行の「元気なプレスメーカーの"逸品"成形事例集【西日本編】」に
藤川金属工業(株)が紹介されました。

2009年4月発行プレス技術4月臨時増刊号
詳しくはこちら…

2009年3月3日 | 第3回ものづくり日本大賞応募

経済産業省主催の第3回ものづくり日本大賞に応募いたしました。

2009年1月7日 | A3003 アルミ大型電池ケース インパクト開発

各種電池ケース(角型、丸型)の大型化に伴い、アルミ合金(A3003)のインパクト工法開発。

材料スラグ・潤滑油・インパクトプレス工法・金型・洗浄におけるケーススタディの実施。

加工事例はこちら…

2009年1月1日 | 平成21年度 スローガン・年度方針発表

平成21年度スローガン・年度方針を決定いたしました。 

2008年12月10日 | 阪南大学 寄付講座を開催

阪南大学 寄付講座(財)大阪科学技術センター主催『グローバル時代に勝つMATE−職人魂と企業群』と題して、講師として出席しました。

様々な業界メーカーで使用されている弊社(FKK)の加工製品と独自の金属加工工法について講義して参りました。

特にインパクトプレス加工については、興味をもっていただけたようです。

2008年10月1日〜3日 | 第11回 関西 設計・製造ソリューション展

過去最多650社が出展。第11回関西設計・製造ソリューション展に参加しました。

設計・製造ソリューション展 設計・製造ソリューション展

従来の鈑金絞り加工では不可能であった低コスト、高クオリティのインパクト加工技術を中心に、部品設計から試作・量産化まで金属加工工法、金属材料選定のご提案及び商品として生みだされるまでの弊社(FKK)のトータルサポート機能についてPRしてまいりました。

2008年5月2日 | インパクト設備 AIDA630T冷間鍛造機導入

インパクト加工機 AIDA2000小型・精密部品から大型部品まで金属部品加工をさらに幅広くカバーするため、AIDA630T冷間鍛造機を導入しました。

藤川金属工業(株)特別仕様で、630tのパワーユニットと共に300mmのストローク長さをもち、インパクト加工全長(絞り寸法)300mmまで可能といたしました。

詳しくはこちら

松下電器サイト、モノづくりスピリッツ発見マガジン
「isM」の取材班の方々が いらっしゃいました。

アクティブスピーカーpanasonic製品、アクティブスピーカーのアルミ加工において弊社のインパクト加工技術が利用されました。
アクティブスピーカーが出来上がるまでが松下電器サイトコンテンツ「isM」で紹介されています。


【雑誌掲載】
アルミ一体型ボディ、アクティブスピーカーが各誌に紹介されました。

Nile's編集部の方々は取材のため弊社を訪ねて下さいました。

雑誌Nile's NILE 9月号
雑誌 Nile's NILE 9月号 
発行:(株)ナイルスコミュニケーションズ
RealDesign 6月号
雑誌 RealDesign 6月号
発行: エイ出版社

雑誌 モノ・マガジン情報号 No.561
発行:ワールドフォトプレス
RealDesign 6月号
雑誌 tomSawyer 5月号
発行:ワールドフォトプレス
藤川金属工業とは

昭和20年創業。
半世紀を越える実績を誇るプレス加工技術。

 常にその時代の‘お客様のニーズ’にお応えすべく、金属部品加工のスペシャリストとして一歩先を行く技術開発に取り組んでまいりました。

 世界トップクラスのインパクトプレス加工技術をはじめ、板金絞り加工、板金精密プレス加工、板金溶接、表面処理等々、精密機能部品から外観ケーシング部品に至るまで、幅広い金属部品加工に対応しております。

 また、部品の調達も含めたアセンブリーから完成品組み立てまで、一貫した生産システムで広範な‘お客様のニーズ’にもお応えしております。

 お客様の製品のデザイン、企画、設計段階から、部品設計をお手伝いするのも藤川金属工業(株)の特徴の一つ。

デザイン試作の製作や加工法、金属材料の選定の御提案、商品として生み出されるまでトータルサポート致します。

藤川金属社屋

【本社・本社工場】
〒557−0032  大阪市西成区旭2丁目8番9号
TEL:06−6562−4315〜7
FAX:06−6568−2633


藤川金属社屋300t デジタルサーボプレス
(FKKインパント仕様)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得