トップページへ >> 加工製品一覧 >> 金属プレス加工製品 >> PCバッテリー筐体

インパクト成形により、一工程でビードを成形。

  DELL ノートパソコンADAMO XPS メーカーサイトへ

 

Panasonic アクティブスピーカー RP-SPF01

DELL社のAdamo XPSは薄さ9.99mmを実現した脅威の薄型ノートパソコン。パソコンを閉じたときにキーボード側が液晶の内側に収まるという革新的なデザインになっています。
ノートパソコンの筐体を薄くするための最大のネックであったバッテリーのカバー部分を、藤川金属工業(株)が担当し0.7mmのアルミ素材で製作。デザインと剛性を確保しています。

脅威の薄さ9.99mm筐体に貢献。
シャープなエッジ形成も可能にした高クオリティのプレス技術

バッテリーカバー部品をシャープな外観へと仕上げるためには、材料の厚みに規制されず、出来る限りの最小Rを作り出すことが必要でした。

材料厚みを可変させるコイニングプレス工法とシェービング工法を使い、シャープなエッジ形状の0.2Rと、ラウンド90度Rを形成しています。
630t鍛造プレス機を使用し、ロードモニター圧400tで加圧することによって部品の稜線を際立たすことに成功しました。

藤川金属インパクト仕様630t加圧機により、コイニング工法、シェービング工法を採用しています。

藤川金属工業(株)とは・・・

業界を問わない幅広い金属プレス加工技術により、得意とする絞り加工をはじめ、単発加工から順送加工、またロボットによる省力化で、より高精度かつ高品質なモノづくりを可能にしています。 また、携帯電話、デジタルカメラ、オーディオ機器などの外装部品は、金属加工後の表面処理仕上げ(ブラスト、ヘアライン、アルマイトetc.)が不可欠です。プレス加工後の金属部品としての仕上がり感が最重要なこのような外装部品も、藤川金属工業(株)の加工技術で、クリエーティブな感性まで求められるお客様の要求品質を常にクリアーしています。

 

 

ページの一番上へ