トップページへ >> 加工製品一覧 >> インパクト加工製品 >> eneloop kairo

インパクト成形により、アルミ一体型ボディーを実現

 SANYO eneloop kairo

インパクト加工単3形エネループ使用の「使い捨てないカイロ」。
充電した予備のエネループを持ち歩けば長時間使用できます。ニッケル水素電池エネループ単3形を2個使用。(エネループ専用) 単3形エネループの充電器としてオフシーズンでも使えます。

筐体の美しい曲線を保ちつつ、熱伝導性の高いアルミを加工したこの商品は、インパクト加工技術だからこそ実現できた製品です。

インパクト加工だから実現できた、大きなコストメリット。

インパクト加工eneloop kairoの原材料となるアルミスラグ(インパクト加工素材)は、A1070材。アルミ純度99.7%の素材で加工し生産しています。

従来のインパクト加工でこのような異形形状パーツを1工程の高加工率で加工をすると、素材に負荷がかかり製品の表面が荒れ、ザラつきが出てしまい美しい染色仕上げを困難にしていましたが、金型、潤滑剤、加工モーション、加工温度管理で、生産を可能としました。また、A1070材により華燭性にすぐれた表面加工処理(アルマイト染色加工)も可能としました。

Panasonic アクティブスピーカー RP-SPF01インパクト加工は、鈑金プレス加工に比べ大きく4つのメリットがあります。「1工程で高加工率」「金型投資を削減できる」「加工スピードが速い」「材料効率が良い」。これらの特性を最大限に活かし、eneloop kairoは生産されています。鈑金プレス加工はいくつもの工程をかけ、素材を少しずつ加工し形状を形成していきます。 そのため時間もコストも必要となりますが、インパクト加工ならば加工素材であるスラグから、1工程で瞬時に製品形状まで加工することができます。

Panasonic アクティブスピーカー RP-SPF01そのため鈑金プレス加工に比べ、大きなコストメリットを実現することができるのです。

eneloop kairoは従来の板金プレス絞り加工では不可能であった、形状の美しさとコスト削減を実現しています。
[インパクト加工について詳しくはこちら...]

 

 

藤川金属工業(株)とは・・・

業界を問わない幅広い金属プレス加工技術により、得意とする絞り加工をはじめ、単発加工から順送加工、またロボットによる省力化で、より高精度かつ高品質なモノづくりを可能にしています。 また、携帯電話、デジタルカメラ、オーディオ機器などの外装部品は、金属加工後の表面処理仕上げ(ブラスト、ヘアライン、アルマイトetc.)が不可欠です。プレス加工後の金属部品としての仕上がり感が最重要なこのような外装部品も、藤川金属工業(株)の加工技術で、クリエーティブな感性まで求められるお客様の要求品質を常にクリアーしています。

ページの一番上へ